CONCEPT
「ありがとう」に満ちた場に美命は居たい

お招きいただきありがとう。
来てくださりありがとう。
おいしいと喜んで食べてくださりありがとう。

おもてなしの心で料理を振る舞う場、
たくさんの、「ありがとう」の思いに満ちた場は「幸せ」の場。
そういう場を美命はつくりたい。
そんな想いで器をつくっています。

“日本の美” “日本の心” を追求する器

表と裏で絵柄を変える、絵柄を裏側や外側に巻き込ませる、
見えない部分にも絵を施す…
こういう日本の粋、日本の美を大切にしていきたい。
美命は、器を媒介にして、毎日の暮らしのなかに
“日本の美” “日本の心” を表現していきたいと思っています。

メッセージや物語を持つ器

邪気を払う牡丹、不老長寿を願う菊や松竹梅、
ツキを呼び込む月…
器や道具、着物の柄に、
健康でありますように、幸せになりますようにと、
願いや祈りを込めてきた日本の先人たち。
美命の器にも、そんな願いや祈りが込められています。

本金・本銀・伝統色で描く変化する器

ほとんどの美命の器には本銀が施されています。
銀は空気に触れると酸化するという性質を持っています。
銀が変化することで、
味わい深いアンティークのような器へと変化していきます。

1個からオリジナルオーダーできる器

この形にこの柄でこの色で、
大切な方へのプレゼントにはその方に関連するモチーフを…
手づくりのメリットを最大限生かしていただけるのが、
オリジナルのオーダーだと思っています。
オーダーは、ひとつから承っています。

修理できる器

器に施されている銀や金のはがれ、欠けや割れなどの破損は、
修理を承ります。
安心してお求めいただきたい、
末永くご愛用いただきたいとの思いから、
美命が大切にしていることのひとつです。
※ 破損状況によっては、修理できない場合もあります。

器は “命の入れ物” だから 美命 mikoto

命-いのち
地球上のあらゆる生き物は他の命をいただいて生きています。
だから、この世に必要のない命はありません。
尊いすべての命への感謝の気持ちを忘れないでいたい。

命-みこと
日本の神さまには命(みこと)という名前がついています。
使命を受けた神さまにだけつけられているのだそう。
すべてのものに神は宿ると考え、木に、山に、月に…
感謝と祈りをささげてきた“日本の心”を継承していきたい。

大切にしたい命(いのち)と命(みこと)。
こんな思いから、“命の入れ物”でもある器に、
「美命」という名前をつけました。